事業計画 自動車組込み分野

1.事業名称

自動車組込み技術者養成のための地域版学び直し教育プログラムの開発と実証

2.幹事校

法人名 学校法人電波学園
学校名 名古屋工学院専門学校
所在地 〒456-0031
愛知県名古屋市熱田区神宮4-7-21

3. 構成機関と実施体制

(1)構成機関

構成機関の名称 役割等
1 名古屋工学院専門学校 実施委員長・分科会
2 日本電子専門学校 実施
3 浜松情報専門学校 実施
4 大阪工業技術専門学校 実施
5 横浜システム工学院専門学校 実施
6 愛知県立大学 実施
7 キャリオ技研株式会社 実施委員・開発
8 レシピシステム株式会社 開発
9 株式会社ユタカ電子 実施
10 株式会社アフレル 開発・検証
11 株式会社日本教育ネットワークコンソシアム 開発・調査・検証
12 一般社団法人全国専門学校情報教育協会 実施
13 一般社団法人組込みシステム技術協会 中部支部 実施
14 公益社団法人日本技術士会 中部本部 実施
15 麻生工科自動車大学校 協力
16 専門学校越生自動車大学校 協力
17 鹿児島キャリアデザイン専門学校 協力
18 中日本航空専門学校 協力
19 エキスパートプロモーション 協力・助言
20 近畿大学 協力・助言
21 株式会社ヴィッツ 協力・助言

 

(2)協力者等

所属 役割等
名古屋工学院専門学校 テクノロジー学部 統括 代表
名古屋工学院専門学校 テクノロジー学部 実施
日本電子専門学校 実施
横浜システム工学院専門学校 実施
浜松情報専門学校 実施
大阪工業技術専門学校 実施
愛知県立大学 情報科学部 情報科学科 実施
キャリオ技研株式会社 実施・開発
レシピシステム株式会社 開発
株式会社ユタカ電子/一般社団法人組込みシステム技術協会 中部支部 実施
株式会社アフレル 開発
エキスパートプロモーション 開発
株式会社日本教育ネットワークコンソシアム 調査・開発・検証
一般社団法人組込みシステム技術協会 中部支部 実施
公益社団法人日本技術士会 中部本部 実施
一般社団法人全国専門学校情報教育協会 実施
麻生工科自動車大学校 協力
専門学校越生自動車大学校 協力
鹿児島キャリアデザイン専門学校 協力
中日本航空専門学校 協力
近畿大学 工学部 知能機械工学科 助言・協力
株式会社ヴィッツ 助言・協力
株式会社アフレル 助言・協力
エキスパートプロモーション 助言・協力
株式会社日本教育ネットワークコンソシアム 助言・協力
早稲田大学 理工学術院 助言・協力
車載組込みシステムフォーラム 会長 名古屋大学 大学院情報科学研究科 助言・協力
アイシン株式会社 第一電子系技術部 助言・協力
一般社団法人 組込みシステム技術協会 助言・協力
宮城県産業技術総合センター 助言・協力

 

(3)下部組織

開発分科会
所属 役割等
名古屋工学院専門学校 テクノロジー学部 委員長
キャリオ技研株式会社 委員
レシピシステム株式会社 委員
株式会社アフレル 委員
エキスパートプロモーション 委員
株式会社日本教育ネットワークコンソシアム 委員

 

 (4)事業の実施体制図

nagoya01

 

4.事業の内容

(1)事業の目的・概要

本事業は、愛知県をモデル地域として自動車組込み分野の地域版学び直し教育プログラムを開発・実証する。開発する地域版学び直し教育プログラムを各地域の協力専門学校において実証することにより、課題の抽出を行い、地域版学び直し教育プログラム整備に活用する。昨年度までのIT分野職域プロジェクトの成果を踏まえ、地域産業界の人材ニーズに対応した学び直しプログラムを整備し、中核的自動車組込み技術者の養成を推進する。

(2)事業の実施意義や必要性

① 当該分野における人材需要等の状況、それを踏まえた事業の実施意義
自動車は、「快適」、「安全」、「環境」、「信頼」を実現するために、IT・電子制御技術の導入が急速に進展した結果、構成する部品の4割以上が電子部品となり、それらを制御する組込みシステムは、高度化、複雑化し、膨大な行数のプログラム生成を要求されている。

 

nagoya02

組込みシステムのプログラム行数は、製品レベルで平均99万行(最大1000万行行以上)、製品化に伴う新規プログラム行数は、平均で33万行(最大1000万行以上)でプログラム行数は増大化している。
さらに、組込み技術者は、IT人材白書によると7万人の不足が指摘されている。開発量の増大、プログラム行数の巨大化、技術者不足は、組込み産業にとって、早急に対応すべき課題であり、人材供給、人材育成は、職業教育機関としての専門学校の使命である。産業化の求める人材ニーズに応じた自動車組込み技術者の育成および産業界への供給は、重要な取り組みである。

 

②取組が求められている状況、本事業により推進する必要性

近年、自動車は多くの電子制御装置が搭載され、ネットワーク上で相互に制御情報を通信することで、より高度な機能を実現している。自動車の電子制御化が進むに従って、車載システムの統合化や車外システムとの統合化により、「電気自動車のバッテリーによる、スマートエネルギーシステムと統合化」、「インターネット等との接続による、情報システムと統合化」、「ITS などの高度交通システムへの対応による、交通インフラや他の車両と統合化」など研究が進み、高度な情報処理への発展が期待されている。
一方で、高度化、複雑化に加え、製品の短納期化(開発期間の短縮)、情報システム開発コスト削減への要請により、製品の不具合の発生が大きな課題となっている。組込み製品の不具合の原因の割合では、ソフトウェアの不具合が58.8%(平成22年度 組込みソフトウェア産業実態調査)と最も高い比率となっている。

 

nagoya03

平成22年度 組込みソフトウェア産業実態調査

車載システムの統合化や車外システムとの統合化等の高度な技術に対応することも重要であるが、ものづくりの生産拠点の地域においては、不具合のないソフトウェア開発が優先すべき課題であり、そのため、確かの技術を持った技術者の育成が望まれている。

 

本事業のモデル地域であり、本校のある愛知県は、ものづくり産業の盛んな地域であり、日本の自動車産業集積が最も進んでいる地域である。このような地域での地域版社会人学び直し教育プログラムの構築は、ものづくり産業を振興する他の地域においても人材育成、供給の面で有効に活用される学習システムであると考えられる。都道府県別製造品出荷額等では愛知県が全国トップである。

 

都道府県別製造品出荷額等

nagoya04

平成22年工業統計表産業編(概要版)

都道府県別製造品出荷額等では愛知県が全国トップである。

組込み産業界のニーズに対応するためには、自動車組込み技術者を産業界に供給し、人員不足を緩和するとともに、確かな技術を持った技術者を育成するために、組込み産業就労者に技術を更新する学習機会を提供することや、未経験から技術者を目指す社会人・女性の学び直しの学習機会を提供するための学習システムの構築と人材育成実施が必要不可欠である。

 

本事業は、平成25年度 IT分野職域プロジェクト「自動車組込み分野の中核的専門人材養成の実践的教育プログラムの実証」プロジェクトの成果を踏まえ、自動車組込み技術者養成のための地域版学び直し教育プログラムの開発と実証を行う取り組みである。加速する自動車組込み技術に対応する確かな技術を持った技術者の養成は、今後の自動車組込み産業、日本のものづくり産業にとって最も重要であり、必要である。

 

③取組実施にあたっての平成25年度までに実施された職域プロジェクト等の成果の活用方針、方法等

本事業は、平成25年度 IT分野職域プロジェクト「自動車組込み分野の中核的専門人材養成の実践的教育プログラムの実証」プロジェクトの成果である「積上げ式モデルカリキュラム」「達成度評価指標」「プロジェクト学習教材」等を踏まえ、自動車組込み技術者の地域版学び直し教育プログラムを開発し、その実証を行う。
具体的には、産業界の課題である確かな技術を持った技術者育成のための学習ユニットを構築し、カリキュラム、達成度評価等の整備を行う。また、学習ユニットに対応した教材を、昨年度事業のプロジェクト学習で検証した教材の手法をもとに開発する。学生を対象とした実証講座を実施し、領域、レベルの検証を行う。また、他の地域の協力専門学校においても、開発整備する地域版学び直し教育プログラムを用いて検証を実施し、課題等の抽出をして、社会人や就業者に対する学び直しの教育機会提供に活用する。

 

(3)事業の成果目標

期待される活動指標(アウトプット)・成果目標及び成果実績(アウトカム)
■期待される活動指標

  1. 地域版学び直し教育カリキュラムの整備  2学習ユニット 60時間程度
  2. 達成度評価指標の開発 2学習ユニット 60時間程度
  3. 教材開発    2ユニット 60時間程度

 

■成果実績(アウトカム)

  1. 企業提案型プロジェクト学習 20名参加
    自動車組込み実証講座 参加数 就業者10名以上
  2. 地域版プロジェクト学習参加協力専門学校 4校以上
    協力者、協力機関数  協力者 3名以上、協力企業・機関 5社以上
  3. 成果報告会への参加数  専門学校関係者20名、組込み関連企業・団体10名

 

本事業の成果の利用により、確かな技術を持った技術者が輩出、開発現場の技術者再教育の取組みも可能となり、地域産業界の求める中核的専門人材の教育基盤整備が推進される。地域の産業界との連携強化を推進し、学び直しの実践的な教育の実施体制を構築するとともに職業能力の評価の精度向上を目指す。

 

(4)事業の実施内容

① 会議(目的、体制、開催回数等)
・実施委員会
目的:事業方針策定、分科会進捗管理、予算執行管理、課題の検討、成果の活用・普及
達成度評価指標の検証評価、実証講座の評価
体制:専門学校 6名  大学関係者 1名  企業 2社  業界関連団体 3団体
回数:年3回(7月、11月、2月)
・分科会
目的:地域事業の人材ニーズ調査、産学連携による地域版学び直し教育プログラムの開発
教材開発、実証講座企画、地域版学び直し教育プログラム実証、達成度評価指標検証、
プロジェクト学習実施・運営、
プロジェクト学習発表会の企画・運営
体制:専門学校 1校、企業 5名
回数:年4回(9月、10月、12月、2月)

 

② 調査等(目的、対象、規模、手法、実施方法等)
※前年度以前の調査・取組等を踏まえ、さらに調査等が必要な場合に記載すること
・愛知県の産業界人材ニーズに関する調査
目的    :愛知県をモデル地域として自動車組込み技術者の地域産業界のニーズを
明らかにし、学び直し教育プログラムの開発に活用する。
人材シフトの状況等を踏まえ、必要技術、知識を取りまとめる。
対象、規模:愛知県の組込み関連企業
手法    :関連団体等からの情報収集・文献調査
実施方法 :分科会で企画し、情報収集・分析は委員参画企業で実施

 

③ モデルカリキュラム基準、達成度評価、教材等作成(目的、規模、実施体制等)
・地域版学び直し教育プログラムの作成
目的    : 「積み上げ式教育カリキュラム・達成度評価指標」をもとに地域版学び直しに
必要な技術・知識を整理して、新たな学習ユニットを構築する。
学習ユニットごとの達成度評価を作成し、地域版学び直しに必要とされる
職業能力の可視化を図る。
規模    : 企業連携の自動車組込み技術者養成に必要な地域版学び直しカリキュラム、
達成度評価をとりまとめ、作成する。(2学習ユニット程度、60時間程度)
実施方法 : ②の結果等を踏まえ、開発分科会で企画案をまとめ、
開発作業は参画企業に依頼する。
・教材開発
目的    :地域版学び直し教育プログラムの学習ユニットに対応した教材を開発する。
その実証を行う。
規模    :2学習ユニット  60時間相当の講座を想定したテキストを作成
各学習ユニット 1テキスト 100頁程度
実施方法 : ④の実施結果および②の調査結果等を踏まえ、開発分科会で企画案をまとめ、
開発作業は参画企業に依頼する。

 

④ 実証等(目的、対象、規模、時期、手法、実施方法等)
・企業提案型プロジェクト学習
目的    :開発する地域版学び直し学習ユニット・教材を用いて、専門学校学生を対象とした
企業提案型のプロジェクト学習を実施し、領域・範囲・レベルを検証する。
また、達成度評価指標の検証を行う。
対象、規模: 専門学校学生 20名程度
時期    : 11月上旬より 5日間(1日6時間)
手法    : 講義および演習(昨年度の開発教材を活用)、プロジェクト学習発表会を実施
実施方法 : 企業からの講師派遣による実証講座の実施

 

・自動車組込み技術講座
目的    :開発する地域版学び直し学習ユニット及び教材を用いて、
開発現場の技術者再教育のための組込み技術講座を実施し、その検証を行う。
対象、規模: 開発現場の組込み技術者 10名程度
時期    : 1月上旬より 2日間(1日5時間)
手法    : 講義および演習
実施方法 : 企業からの講師派遣による実証講座の実施
※企業研修として協力企業への依頼を想定

 

・プロジェクト学習発表会
目的    :企業提案型プロジェクト学習の領域・範囲・レベルを検証するため、
プロジェクト学習参加の学生を対象に発表会を実施し、その検証をする。
達成度評価の検証を行うとともに地域による課題等の抽出をして、
地域版教育カリキュラムを精査するとともに結果をモデル・カリキュラム基準へ
フィードバックする。
同一のカリキュラムで学習した複数の専門学校の学生が参加し、複数の専門学校の
学習効果を比較することにより、学習の効果や課題を抽出する。
対象、規模: プロジェクト協力専門学校 8校程度
時期    : 12月 2日間
手法    : 技術発表会
実施方法 : 同一のカリキュラムで学習した複数の専門学校の学生が参加し、学習の成果を
比較できる技術発表の実施。

 

⑤ 今年度までの取組成果のとりまとめ等・成果報告会実施
対象:専門学校関係者、組込み企業関係者 30名程度
時期:平成27年2月
・事業報告書
組込み関連企業、専門学校へ成果物を配布する
(専門学校約200校、IT関連企業・団体400社)
ホームページ上で成果物を公開する

 

(5)事業終了後の方針

(事業成果物)
①地域版学び直し教育カリキュラム、達成度評価指標(80頁、700部)
②プロジェクト学習教材(演習データCD-ROM付属)(100頁 700部)
③自動車組込み技術教材(演習データCD-ROM付属)(100頁 700部)
④事業報告書(60頁 700部)

 

(成果の活用等)
①成果の周知のため、データのHPでの公開、
情報系専門学校 200校、組込み系企業等400社へ郵送配布
・平成27年度 本校正規課程の教育カリキュラム・達成度評価指標として導入を予定
・標準モデルカリキュラム基準の精査に活用
・就業者、社会人・女性の学び直し教育プログラム、講座実施に活用
②成果の周知のため、データのHPでの公開、
情報系専門学校 200校、組込み系企業等400社へ郵送配布
・平成27年度 本校正規課程の教育教材として導入を予定
・平成27年度 卒業生の知識・技術の更新のための講座実施に活用
・就業者、社会人学び直し講座の教育教材として活用
③成果の周知のため、データのHPでの公開、
情報系専門学校 200校、組込み系企業等400社へ郵送配布
・平成27年度 社会人・女性対象の講座実施に活用
・就業者、社会人・女性の学び直し講座の教育教材として活用
④成果の周知のため、データのHPでの公開、
組込み系情報系専門学校 200校、関係企業等400社へ郵送配布

 

(6)事業イメージ

nagoya11nagoya12